普通でいたい

誰の身にも起こりうるのががんという疾患。他人事では済まされないことは多くの方が意識を持っており、将来がんになってしまったときのための対策や保障などを考えておられる方も多いでしょう。しかし、その治療の過程で使用することとなる抗がん剤では、数々の副作用が起こることを承知しておかなければなりません。特に、入院しているならともかく、在宅で治療を続けていく場合にはその対策法もしっかり考えておく必要があるでしょう。

その中で、特に外見に影響を与える抗がん剤の副作用は脱毛。投与開始から1~2ヵ月でほとんどの頭髪が抜けてしまうと言われています。仕方がないこととはいえ、頭髪がなくなることによる外見の変化に対するダメージは大きいもので、髪は命という意識の強い女性にとっては大痛手となります。

しかし、普通に生活したい、見た目に抗がん剤治療をしているとわからないようにしたいという強い要望が多いため、そういった方を対象にした医療用の帽子やウィッグが販売されています。見た目をカバーすることはもちろんですが、頭髪がなくなってしまった後むきだしになってしまった頭皮を保護するという意味合いもあります。

こういった医療用帽子やウィッグを選ぶ際に気を付けておかなければならない点がいくつかあります。たかが帽子・ウィッグといえど、抗がん剤の副作用という特殊な状況で起こってしまう脱毛に対応したものでないと、なかなかフィットしたものを探すの難しくなるのです。

少しでも見た目に対する精神的負担をなくすためにも、自分にあった医療用帽子やウィッグを選ぶ必要があります。そのポイントや注意点を挙げていきます。

OUT LINK

胃がんの治療について|池袋がんクリニック
どうしても気になるがん治療での脱毛は抗がん剤用の帽子を利用してケアしませんか?あなたの事案を解消してくれる商品に出会えますよ。

カテゴリー
  • カテゴリーなし